本革や合皮バッグのべたつきは重曹で解決!原因とお手入れ方法はコレ!

日常系
スポンサードリンク

あなたはお気にいりのバッグはいくつありますか?

大切なバッグを何年か保管していて
久々にクローゼットから出したら
「どうしよう〜・・ベタベタで使えないな・・捨てるしかないか・・」
なんて経験ありませんか?
ちょっと待った!
そのバッグまだ使えます。
そんな時の対処法を伝授しちゃいます!

ベタつきなら落とせます。
まだ諦めないでください・・

本革のベタベタの取り方教えます!バッグの手入れには重曹が良い?!

まず、そのベタベタの原因をご存知ですか?

ベタつきの原因はポリウレタンの経年劣化です。
このポリウレタンの寿命は通常3〜4年と言われています。
そのポリウレタンの寿命がくるとベタベタしてきます。
では、そのベタベタをとってみましょう!

肩にかけるベルトなど外せる部分は外しておきましょう。
バケツやシンク、バスタブなどに
重曹を45℃くらいのぬるま湯に溶かして
押し洗いして一晩つけておきましょう。

一晩つけておくことで、ポリウレタンの
コーティングが剥がれていきます。

それでもまだ残っている場合は、ブラシやスポンジで
こすってみてください。
コーティングが剥がれます。

重曹は食用でも掃除用でも大丈夫です。
分量はバッグの大きさや汚れ具合に応じて使ってください。

ポリウレタンのコーティングが取れたら、次は
すすぎ→脱水→干す
だけです。

スポンサードリンク

合皮の汚れにも重曹は使える!汚れの落とし方とお手入れ方法を紹介!

一般的に合皮と呼ばれているものには
・合成皮革(ごうせいひかく)
・人工皮革(じんこうひかく)
の2種類があります。

合成皮革とは天然素材のうえに合成樹脂をぬり
天然の皮に似せて作られた素材のことです。

子供がいる家では合皮を使ったソファーが使われているそうです。
人工皮革とはマイクロファイバーの布地に
ポリ塩化ビニルやポリウレタン樹脂などの合成樹脂を
含浸(簡単にいうと薬剤を圧入し硬化させて穴を埋めること)
させたものや、その上にさらに合成樹脂を塗布したものです。
服やバック、靴に使われることが多いそうです。

合皮の重曹を使ったお手入れ方法は
重曹を水で溶かして、その重曹水をかけて
激おちくんなどのメラミンスポンジで
合皮全体をやさしくこすってあげてください

メラミンスポンジがない場合は、キッチンペーパーで
擦ってみてください。
簡単に汚れが取れますよ!

汚れを落としたあとは、重曹が残らないように
必ず水拭きをしてから乾拭きをしてあげてください。

重曹は食用があるくらい安全なのに、すごい物ですね。
ちなみに合皮専用クリーナーなんてものも市販であります。

眠っているバッグもお手入れしてあげよう!

 

まとめ

いかがでしたか?
重曹を使った場合、重曹が残らないようにきちんと
拭き取りをして乾拭きも念入りにしてください。

きちんと拭きとりをしないと、合皮が劣化してしまうこともあるそうです。
ただ1つ注意してほしいのが、本革にはやらないでください。
汚れが落ちたとしても、本革は水や摩擦に弱いとされていて
色移りの可能性があります。

重曹は今、ほとんどの家にありますよね。
たった数分の作業でキレイなバッグになるので私はもちろん
重曹をオススメします。
重曹なら100均でも買うことができますし
お財布にも優しいですよね。
バッグにしみついた生活臭やタバコ臭もついでにとれちゃいます。
消臭効果もあるなんて『一石二鳥』ですね!

ちなみに重曹は、掃除に、洗濯に、消臭剤としても使えます。
あとは犬のドライシャワーに!なんていう使いかたも。
大切に保管していたバッグ・・・
クローゼットにしまっておいたのも忘れているバッグ・・・
この際、何年もクローゼットに眠っているバッグをだして
バッグたちをピッカピッカに若返りさせてみませんか?(笑)
年末の大掃除の前にバッグの大掃除を私はしたいと思います・・^^;

 

ルイヴィトンのような高級バッグを使っている方はこちらも参考になりますよ!

【関連記事】

>>ルイヴィトンのバッグで気になる内張りのべたつき。対処法はコレ!

 

他にも靴のお手入れについての記事もありますので参考にどうぞ!

【関連記事】

>>合成皮革の靴でも手入れが大事!クリームをつかってツヤツヤ長持ちに!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました